大津市の内科・眼科・消化器内科なら祐森クリニック
HOME>がん治療の相談

がんの遺伝子検査

遺伝子検査による”がん超早期リスク評価”
“がん細胞”はどうしてできるのか

さまざまな生活要因(習慣、環境)により正常細胞の遺伝子が複数傷つくことで、多くの“がん細胞”は生まれます。多くの場合、“がん細胞”は、下記のプロセスで発生し、増殖していきます。

”がん細胞”はどうしてできるのか

このように「がん細胞」とは、数個~10個程度の遺伝子の多重変異により、
1.無制限に細胞分裂する能力、2.血管を新生する能力、3.新しい組織に転移する能力をもった細胞と言えます。

がん遺伝子とは?

正常細胞の「がん化」に関与する遺伝子の変異を調べ、画像診断では発見不可能な分子レベルの「微細ながん細胞」の存在リスクを評価し、がんの超早期診断を可能にします。
また、目に見えない「がんリスク」を顕在化し、「がん予防」、「がん再発防止」のための新たな指標を提供します。

ConTect検査 –Cancer Risk Detection(がんリスク評価)-
超早期リスク
仲のよい夫婦

画像診断、内視鏡検査等では確認できない微細ながん細胞(5mm以下)でも、がん細胞から血液中に遊離されるDNA、RNA等を解析し、分子、細胞レベルの“微細ながん細胞”の存在リスクを評価します。
これにより、超早期リスク診断(前がん状態のリスク評価)による早期発見、早期治療、治癒率向上を目指します。
 

予防管理

画像診断、内視鏡検査等では確認できない“微細ながん細胞”の存在リスク、遺伝子変異による“発がんリスク”の評価等を継続的に行い、個々人の体質、生活 習慣にあった最適な予防管理指導を実現します。
これにより、がん予防の効果確認、発症抑制、早期発見を目指します。
 

再発防止管理
仲のよい老夫婦

がん治療後の画像診断では追跡できない“微細ながん細胞”による“がん再発リスク”を評価します。がん治療後、定期的な健康診断における遺伝子検査によ り、がん関連遺伝子のメチル化、Mutation(突然変異)、RNA発現の状態を継続的に検査・追跡し、「がん再発にむかって進行しているのか、改善さ れつつあるのか」をリスク評価し、個々人の状態にあった再発防止指導に有用な情報を提供します。
 

安全性
検査に要するのは約20cc程度の採決のみなので、他の画像診断のような放射線被爆、強力な電磁波等による人体への悪影響の心配はありません。